Board banner big problems

売掛金・買掛金ってなに?

2017-10-06 11:06:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簿記の勉強や経理業務に携わると「売掛金」や「買掛金」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

会社間での取引きや金額の大きい取引きなどで一定の期日を設けてその期日までにまとめて払うことが多くあります。このやり取りが「掛け」です。
経理では、請求書の作成業務、入金・振込業務、会計システムなどへの記帳で「掛け」と関わる機会があるかと思います。

「売掛金」は、商品を売って後日代金をいただくことで、記帳する際は次のような仕訳をします。
例えば、3,000円の商品を売って、代金を掛けにした場合はこのような仕訳になります。


【借方】売掛金:3,000 / 【貸方】売上:3,000


売掛金3,000円が後日、振込みで支払われた場合はこのような仕訳になります。


【借方】普通預金:3,000 / 【貸方】売掛金:3,000

「買掛金」は、商品を購入して後日代金を支払うことで、記帳する際は次のような仕訳をします。
例えば、5,000円の商品を購入して、代金を掛けにした場合はこのような仕訳になります。


【借方】仕入:5,000 / 【貸方】買掛金:5,000


買掛金5,000円が後日、振込みで支払った場合はこのような仕訳になります。


【借方】買掛金:5,000 / 【貸方】普通預金:5,000


売掛金・買掛金は信用関係で成立している取引きになりますので、管理を徹底して未入金や未払金の発生がないように気にかけ、気持ちの良い取引きが出来るように心掛けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Board banner big green