Board banner big problems

給与の締め日と支払日ってなに?

2017-06-30 10:34:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社と社員が労働の契約を結ぶ雇用契約書で、「◯日締め◯日払い」などの給与の支払に関する記載を見かけたことがあるかと思います。
給与は日給、月給、年俸の3つの制度がありますが、多くの場合は月給で「締め日」と「支払日」の2つの基準を用いて給与の計算から支払までを行います。

「締め日」は社員に給与を支払うときにいつからいつまで働いた分の給与額です、と示した期間となり、「支払日」は給与の支払日になります。給与の締め日と支払日は会社ごとに異なりますが、月末締め翌月25日払いなどのような「五・十日(ごとおび)」と言われている、5、10、15、20、25日の支払日が多く、締め日は月末や10日が多いようです。

例えば、当月分の給与を当月25日に支払う場合は「月末締め当月25日払い」となり、4月1日〜4月30日まで働いたとしたらその給与の支払は4月25日になります。

月末に給与の締め日を設けて翌月10日に払うような場合は「月末締め翌月10日払い」となり、4月1日〜4月30日に働いたとしたらその給与の支払は5月10日になります。

このように同じ締め日でも支払日が当月の場合は「当月払い」、翌月が支払日の場合は「翌月払い」と、支払う月によって支払方法が2つにわかれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Board banner big green