Board banner big problems

人事と労務、なにが違うの?

2017-08-18 11:33:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックオフィス業務を担っている職種で「総務」「人事」「労務」というポジションが存在します。
「総務」は聞き慣れたポジションでどのような業務を行っているかご存知の方が多いかと思いますが、「人事」や「労務」は会社によって「総務」が業務を担っていたり、「人事労務」と一括りになっているなどで、それぞれのポジションや業務の違いがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

「人事」と「労務」はいずれも会社に関わる大事なポジションですので、それぞれの役割と違いを次のようにまとめました。

 

人事の役割

人事は、「会社で働く社員ひとりひとり」「将来会社で働いてくれる人」を対象にした業務を担っています。
具体的には、新卒・中途といった人事採用、OJTなどの教育訓練・人材育成、人事考課、人員配置、などが業務内容としてあげられます。

労務との違いとしては対象となる範囲が会社に関わる「人」である、という点になります。

 

労務の役割

労務は、「会社で働く社員全員」を対象に働く環境をより良いものに整備する業務を担っています。
具体的には、就業規則や定款などの諸規定の管理・運用、社会保険や労働保険に関する手続き・管理、労使協定の締結・管理、労働組合に関する対応、労働安全衛生管理、福利厚生に関する管理や立案などが業務内容としてあげられます。

人事との違いとしては対象となる範囲が会社の「組織(社員全体)」である、という点になります。

 

*いずれのポジションも法的な定義があるわけではありませんので、会社や業界独自の業務をあてはめても問題ないとされています。 どのポジションにあてはめるべき業務かわからないものがありましたら、社内で相談、会社の社労士などの士業の方へご相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Board banner big green