経理の仕事

経理業務の基本・効率化のポイント

中小企業・ベンチャー向けに経理業務の基本や効率化のポイントを紹介します。

経理経験者が自身の経験を元に、日常業務・月次業務・年次業務など、日々の業務のポイント・効率化について執筆しています。

業務効率化サービスをチェック

住民税の基礎知識総まとめ

住民税の基礎知識総まとめ

住民税は、皆さんの見える形で税金の徴収、納付を行っているのではないでしょうか。住民税がどのようなものかや普通徴収と特別徴収の違いなどの基礎知識、特別徴収の義務付けの強化について調べてまとめました。

会計と財務と経理の業務の違い

会計と財務と経理の業務の違い

「会計」「経理」「財務」この3つを耳にしたことのある方は多いかなと思います。いずれも会社を経営やそれに関する業務を行っていく中で頻繁に出てくるキーワードとなりますので、違いを把握しておきましょう。

経理の仕事の概要・注意点

経理を一言で表すと会社のお金のやり取りを管理する仕事です。

一般的には、仕訳・帳簿といった会計関連のイメージが強いですが、その周辺の業務もたくさんあります。
例えば、経費精算、給与・外注先への支払い、請求書の発行なども経理業務の一つです。

経理業務は、大きく、「日常業務」「月次業務」「年次業務」に分類され、業務行うタイミングが決まっているものと、随時発生するものがあります。
具体的な内容は会社によって様々で、中小企業では、総務・人事を兼任しているケースも多く、そうすると業務はより広範囲に渡ります。

経理は、非常にセンスティブな情報を扱います。
例えば、会社のお金の状況も全て見えますし、給与額もわかってしまいます。そのため、絶対に口外してはいけません。
また、会計は1円のズレも許させない正確性が求められます。

最近は、経理業務にもシステム化・クラウド化の流れが来ています。
例えば、クラウド会計「freee」やMFクラウド会計などのクラウド会計も増えてきました。中小企業向けでは絶大なシェアを持つ弥生会計もクラウドを始めました。

また、会計より手前の業務、例えば、請求・支払い業務などの業務管理システムも出てきています。
例えば、「board」は、見積書作成から請求・入金までの業務の流れを管理することができる中小企業向けの業務管理のクラウドサービスです。