特別損失は、会社の業務と関係ない部分で例外的に発生した損失で、決算書上で現れるのは少ない勘定科目です。
どのようなときに計上できるのかわかりやすく紹介していきます。